CRSレポート⑩ 小野永保子、坂本悦子

Aさん 子供と一緒に笑うことが多くなりました。前回、旅行先でも夫は仕事ばかりで、私一人で子供を連れて歩いたので大変だったと話しましたが、5歳の息子は、旅行がとても楽しかったそうで、「僕は、学校でずっとおりこうだったけれど、旅行が楽しすぎて変わった。」と言います。以前は私がカリカリしていたので、その言葉も耳に入らなかったと思いますが、気持ちに余裕ができたせいか、息子の言葉だけでなく、いろいろなことを面白いなと感じるようになりました。すすめられてカウンセリングを受け始めましたが、結婚したことを後悔したりして、凄く疲れました。ずっと遠距離恋愛をしていて、やっと結婚できたのに、彼は忙しくて、私が寂しくて泣いたりすると、弱いと言われ続けていたから。カウンセリングの先生に聞いてもらったりして、ホームシックになったことを、それはそうなるわねと認めてもらえたので、ああ、私は間違っていなかったのだと思えました。 永保子 思い浮かんだ過去のことを無視する訳にはいかないし、かといって、過去を振り返ることに没頭していると、そこにエネルギーがあるように感じるので疲れるのだと思います。大事なのは、過去の記憶を使って、そこにある感情を手放して、心を安心に戻すことなんですね。 Aさん 夫には、過去のことが原因で、今こう思うのよって言っています。私は家の掃除とか食事とか子供の事をやるのはいいけど、彼のことなのにどうして私がやらないといけないのかと思うし、結婚する前から、夫は、お金のことは自分に任せて、私は家事をやってと言われて、疑問に思っていましたから。 それをアメリカ人の先生に話したら、それはおかしいって言わ

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ