参加者さんの感想

参加者の皆さんからの感想を、シェアさせていただきます。 ********* 今日は、素敵な時間をありがとうございました。 特に、これを相談しようと決めていった訳ではないのですが、 最初の瞑想の時に、自分の中で引っかかっていた、2歳半の息子への向き合い方と、 息子への向き合い方は、これで良いのかな? どうして私は、自分が理想としているようにできないのだろう? という思いが浮かび上がってきました。 その事を素直に話せたことで、自分の中に、いろんな概念があることに、まず気づきました。 ー 私は完璧なお母さんじゃないといけない。 仕事をバリバリこなしつつも、家庭では家族を優先、 息子は、そんなお母さんが、希望のはず。 ー 状況をコントロールしなくちゃ。この状況を私がなんとかしなくちゃ。 ー いつ誰に見られても恥ずかしくないように、完璧にしてなきゃいけない。 子供との遊びに夢中になってる場合じゃない。 さらに会話の中で深めていくことにより、 これらの思いの根っこには、こんな信念があることに気づきました。 ー 100%息子に気持ちを注がなければ、息子は私を愛してくれない。 ー 自分しか頼れない。自分がなんとかしなきゃいけない。 ー 誰に見られても恥ずかしくない私じゃないとだめ。 いつどこで誰に注意されるかわからない。 さらにさらに深めていくと、この信念は、エゴからのささやきで、 「自分はありのままでは愛されるべき存在ではない、他人は一切信用してはいけない」と、思い込まされていることがわかってきました。 その後、お話の中で「やっても、やらなくても、どっちでもいい」と、まず言ってみることを教え

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ