食べ物への恐れ② 参加者さんの感想

引き続き、お子さんの食べ物への恐れを観察し、真の心の平和だけが、お子さんを守る力になることを思い出します。学校やキャンプで出される食べ物への思い、同居のご両親が与えるおやつにまつわる思いからお話が始まりました。 ☆心のやすらぎを経験したいという意欲からぶれずに進んで行くこと、信頼を持って接することの大切さを、あらためて感じました。 こころを振り返ると、家庭以外の子供の食生活に対し、わたしは、他の人たちの様に意識が低くないという、傲慢な気持ちがあることに気がつきました。 食に関わっている人たちや、一緒に食事を楽しむ子供たちへの信頼がなく、分離しか見えていませんでした。  わたしは何を見たいのか?経験したいのか?それは、光を見て、皆んなで奇跡を経験したいということ。勇気と自信、安心、そして信頼と共に進んでいけたらと、切に思いました。 ☆半同居している義理の両親が、砂糖がたっぷり入ったドリンクとお菓子を孫たちに与えることに、どうにもならないやるせなさを感じていました。 時間に関係なく、砂糖の入ったおやつを食べさせることを、わたしが嫌がっていることは、義理の両親も気づいていたようで、「砂糖を与えても、その逆でも、子供は元気に育つのに」という、義母の一言に、子どもへの思いと私自身も否定されたような、悲しい気持ちになりました。 そんな気持ちを抱えて、じゃない会に参加すると、みなさんが、私の気持ちに寄りそってくださって、まず、自分を裁かないことを思い出せ、ほっとして温かい感覚に包まれました。だんだんと、自分自身の内側にある温かいものが感じられてきました。 私は根強く、幼い娘の体は砂糖に脅

食べ物への恐れ① 参加者さんの感想

今日は、サマーキャンプで出る給食の内容に、怖れと罪悪感があることを話しました。 スナック菓子や、ハンバーガー等のジャンクフードのオンパレード。 そのジャンクフードを、お友達と食べている息子。 それを食べさせてしまった自分。 どうしよう、という不安。 そんなに嫌ならば、朝とお昼は持参させたら良いのに、 それもしないし、できない自分、、。 お友達とは、楽しく過ごしてほしいと思い、 外での食事を、制限していたつもりはありませんが、 この怖れと罪悪感を観察すると、 自分で自分を制限していたんだと気がつかされます。 安心がないところには、怖れしかないことも、思い知らされます。 わたしは、息子がジャンクフードを食べると、どうなってしまうと思っているのでしょう。。 何が不安で、何を怖れているのでしょうか。。 ジャンクフードを食べることで、将来息子がどうにかなってしまうと思っているのでしょうか。。 どんなことも、そこに安心と信頼を置くことが大切だと、いつも学んでいるのに、 いまだに手放せないで、胸の辺りがムズムズしている感じがします。 この不安な思いを、思いっきり手放して、愛と光を見たいです。 わたし達は、何からも脅かされることはないし、何からも影響されることはないことを思い出し、 怖れを手放して、息子の真の完璧さと、息子が選ぶ力を持っていることを信頼して見て行くことを、今からしていこうと決めました。 ありがとうございました。

参加者さんの感想(じゃない会、西小山)

0歳の赤ちゃんも一緒に、子育て、夫のこと、親の看病、介護、そして子供を持ちながら仕事をすることなど、たくさんのお話が出ました。東京セミナーで学んだ、共に在ること、スピリットを見ることについても、自然とまた学び合うことになりました。 じゃない会後の奇跡のシェアも早速届きましたので、掲載させていただきます。ありがとうございました。小野 参加者さんの感想 ✴ 一人ではなく、たくさんの人と時間を過ごせ、シェアできてよかったです。子どもの心を信じ、自分の安心(エゴからの思い)を押しつけないということを、何回も思い出しながら、生活していきたいです。ありがとうございました。 ✴ 息子のために、祈っていただきありがとうございました。スピリットを見ていくということを忘れていました。毎日、スピリットにお祈りしようと思いました。自分のエゴで見るのはやめようと思いました。愛に溢れる豊かな優しい光のような生活を送りたいです。今日はありがとうございました。 ✴ 今まで、いかに自分の経験、考え、想いを固く守りながら、物事すべてを見ていたことに気がつけました。ホーリースピリットを信じ、常に、共に繋がることができることを重視して、お願いし、見せてもらいたいと思います。素晴らしい時間を、みなさまと分かち合えて、本当に感謝します。 ✴ みなさんのお話を聞いて、心が喜んでいるのを感じました。今日ここに来れたこと、お話を聞けたこと、計らいに感謝です。ありがとうございました。 ✴ 今日はありがとうございました。参加して驚きました。海の波の上にいるような、ゆったりとした感覚でした。立ち止まって見るいい機会となりました。 皆

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ