参加者さんのシェア

お子さんの行事がたくさんある12月。園や学校、地域の役員のことを通して、様々に揺れる思いを観察し、信頼のこころを分かち合いました。 ☆☆☆☆☆☆☆☆ 保育園の役員の人間関係や、敷地内で同居する義両親との生活、自営の仕事・・・。そのすべてがギフトなんだ、というヴィジョンを受け取りました。 もっともっと心の声を聞いて、軽快に生きていきたいと、心から思いました。 自分の判断や思いに頼るのではなくて、心はつながっていることを信頼したいです。今日の分かち合いの中で、日常にある奇跡を思い出しました。受け取ることを恐がらないで、もっと心を開いて差し出していたいと思います。 豊かな愛の空間をありがとうございました。 役員を通じての経験が、まさかこんな形でギフトボックスになって受け取ることになるなんて、思いもよりませんでした。 シェアをするというのは、出来事から自由になるために、ストーリーに入り込まずにそこに奇跡の種をみつけて育んでいくことなのですね。 誰でも気がつけるように、ちゃーんと奇跡がそこにある。そこに居合わす意味を受け入れていく、、。暴れまわりたいくらいに不平不満が出てくるときも、祈ることを思い出して、静かな湖のそばに座って湖を観る。 環境を、奇跡を体験するための見立てとして使って、愛と赦しのフレームの中でというか、神の懐の中でホーリースピリットのナビを北極星に見立てて時間を過ごしていこうと思えました。 冬至を前に、心の中の掃除がかなり進んで、一歩踏み出せたなと感じた時間でした。 ありがとうございます。 みなさんとご一緒出来たことにも感謝を込めて。 目標設定とかゴールを決めて、そこに向

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ