8月 参加者さんのシェア

みなさまのシェアをお届けします。本当にありがとうございます。 自分を疑っていて、自信のない足りない自分を見つめてみました。 自信をつけて堂々と!という風に力をこめて思って、外側に向かって自信をつけようとしても、本当の自分を偽り、本当の自分を隠すことではないかと感じました。 自分を疑うことを、息子にかぶせている自分にも気がつかされました。 今回のじゃない会の後に、息子が本を読もうと言って、「北風と太陽」を出してきました。コントロールしようとする北風と、ありのままでいる太陽。北風と自分が重なります。 息子が揉めごとを起こさないように見張り、口を出し、コントロールしようとしてる心をみつめました、わたしが解決できるとか、何事も起こらないようにするなんて不可能なのに、未だにそれが可能だと思って、対抗しています。 この傲慢さを手放さない限り、見ることが出来ない真実を私は見たい!そしてそこへ行きたい! だから、本当に本当に傲慢さを手放すと決心します!と、心を決めることが出来ました。 息子が読んで欲しいと差し出した、「北風と太陽」。そこからのメッセージ。聖霊の導きと優しさに、とても暖かい気持ちになりました。有難うございました。 何か問題が起こると、すぐに自分で何とかしなければいけないと思っていました。 でもそれは、コントロールして、自分の思うようにやりたいということでした。 やらなくてもいいことまでして、余計に問題を複雑にしていました。 子供との関係はコントロール合戦で、糸がぐちゃぐちゃに絡まったようになっていました。 でも、自分でしなければいけないという思いを脇に置くと、絡まった糸が自然とほ

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ