11月 武蔵境、参加者さんのシェア

11月14日、東京、武蔵境でじゃない会を開きました。 心に残ったことは何ですか?というアンケートに答えてくださった、 みなさんのシェアに感謝いたします。 今回、小さなお子さんを、熟練のシッターさんに見ていただくこともできました。 ありがとうございました。 ☆☆☆ 『喜びを軸に考える』ということ。その日一日に喜びがあるかどうか。子どもを喜びのある一日に誘う、というアプローチ。あれもこれもさせないと、できないと大変なことになるのでは?という “母親自身の” 恐れが土台になっている選択は、子どもにとっても、いっさい意味がない。習い事などのわたしのモヤモヤも、これで解決すると思いました。 子どもには、“本当にあなたのことを大切に思っている”ということだけ伝えられればOK、というお話を伺い、いろいろな「教育」や「形式」は本当に関係ないんだと思い直しました。子どもは信頼していれば、必ずこの世界を救うようなことを目の前で力強く見せてくれる、という言葉も、胸に響きました。私もそれを、楽しみながら目撃していきたいです。 心配や怖れで窮屈な子育てになっていたな~と気づく事ができ、安心したこころに戻ることで、キュッと窮屈になっていた心が、わあ~と広がる感覚になります。 幼児教育のことや、不妊治療を再開したことなど、何となく罪悪感があって、皆さんにも隠しておきたいくらいのことでしたが、皆さんがホーリースピリットだと信頼して発表することによって、隠すこともないし、罪悪感を持つこともない、ということを受け取りました。 お金は経験のために使うといい、という言葉も響きました。お金と私の価値は何の関係もない、と

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ