みなさんからのシェア

2月に参加されたみなさんからのシェアです。ありがとうございました。 ***** 見るもの、感じること、困難だと思うことに対して、何か肩の力が抜けるような、感じがしています。 一生懸命答えを出そうとしないことで、逆に自分らしくいれるような、そんな感じがしています。 私は今まで力でねじ伏せるようなエネルギーで子育てしてきていたなと気づきました。 私の見方次第でいくらでも自由に解放していける、喜びを感じられる意味を今に見出せるんだなという気づきをいただきました。 絶望感や、手遅れかもと思う焦燥感を手放すことができました。 子供の出来不出来をジャッジする暗い自分となるべくサヨナラしたい!し、できるようになる考えを教えてもらいました。 改めて、自分の足りなさ、自信のなさを手放せないでいることに気が付きました。 子供に綺麗な字を書いて欲しい、漢字の書き順を正確に書いて欲しい、適当にするのでは無くて色んなことをきちんとして欲しい。 子供を通して小さいことにいつまでも拘る自分=自信のない自分、を見ることが出来ました。 文字にすら、自分の足りなさを見ていたことに、エゴはどんなことでも攻撃の道具にしていくんですね。 きちんとしていたら、良識ある人、と思われる。 綺麗な字なら、知識がある人、と思われる。 誰の評価を気にしているんでしょうか? 誰も人のことを評価して、裁く者はいない。 私は、自分で自分を評価して、裁いていたんだなと気がつきます。 いつも同じことを繰り返していますが、何度でも気付き、訂正出来ることを嬉しく思います。 息子が乱れた文字を書く度に、私の心はグラグラと揺れていました。 でも、そ

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ