わたしの病、愛犬の病を通じて

お二人のわかちあいです。 *** クラスで瞑想して、愛と感謝と喜びが広がっていく感覚を思い出した時、耳の違和感がなくなりました。 自分は身体だと信じて恐れている時、耳の聞こえ具合や何か変だなということばかりに心を囚われて、目の前の奇跡を見逃しています。 心に安心や穏やかさに戻るというこということは、こういうことなんだよ〜ってホーリースピリットが教えてくれたのを感じました。 その夜、寝る前に、お金に対する罪悪感があったなぁということを見つめここ1週間を振り返った時、ふと横で眠っている娘の肌の温かさを感じました。 ずっと一緒にいたら、時々、いやしょっちゅう煩わしく感じるけれども、この時間も過ぎたらアットいう間、だからこの時間を大切にしようと思いました。時間はないのだけれども、時間を大切にしようと思う気持ち、あらゆるものに感謝を捧げるこの思いは永遠にあり続ける、、、 だからこそ、気がついて訂正すれば全てがホーリースピリットの計らいによって完璧で罪は無かったことを思い出せるのでした。 わたしはどこに心をおきたいか、、、それはやっぱり愛です。 お金も時間も仕事も、食べ物も、家族と過ごす時間も、趣味の時間も、全て全て愛と感謝と喜びのために使っていただけますように。 そのように祈ると、今までもそうだったよね、と、娘の肌の温かさが教えてくれたようでした。 翌日の仕事中、1時間に1回のレッスン時間を忘れても、気がついては思い出し、手を止め、祈る時間を持ちました。 耳の違和感を感じた時、しなければという思いに駆られそうになった時、目をつぶり、安心の思い、穏やかさや平和な心がわたしの中から広がって行

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ