January 24, 2019

 「奇跡のコース」の教師、香咲弥須子さんの一番新しいご著書をご紹介します。

本を読ませていただいて最初に感じたことは、こころの中のものがふっと取れて、肩のあたりに風が通ったような気がしたということで...

November 7, 2018

この本は、13万人の読者の心をとらえた「自分をえらんで生まれてきたよ」に続く1冊です。りおくんの4歳から13歳までの言葉を、お母さまの紀子さんが書き取ってまとめた本です。

~りおくんの言葉を引用させ...

September 1, 2018

いんやくりお君(17歳)は、現在、ミュージシャンとして世界中で素晴らしい活動をしています。先日、ニューヨークのCRSでコンサートがあり、初めて彼の音楽に触れることができました。

笑顔と元気いっぱいの...

作者の堤江実さんは、長年にわたり世界の戦争の現状を訴え、平和に心を寄せることをなさっておられます。そしてこの本では、与えられた命を心からまっすぐに喜び、讃えておられます。主人公の男の子は、「聖らか...

  佐々木卓也さんは、1975年に東京で生まれ、3歳の時に自閉症とわかります。2歳の頃から粘土に触れ始め、8歳になると陶芸の土も使うようになり、以来、毎日のように、作品を作り続けています。14歳の...

July 21, 2015

~ニュージーランドの子育て支援施設に伝わる詩より~

 「今日、わたしはお皿を洗わなかった。」・・というフレーズで始まるこの詩は、やるべきこと、やってあげたいことで一杯の育児中のおさんに、今日一日...

  子育ての中で、焦りや心配や不安や誘惑を感じて、子どもに対して、一方的に’もっともっと’という心が出てくる時、それは、母親の私こそが、自分のことを足りていないと責めて苦しんでいる時です。そんな時...

  この絵本に登場する女の子は、著者のパトリシアさんご本人です。パトリシアさんは、本を読むのがとても好きなのに、文字や数字を判別することが難しく、いじめにもあっていました。自分のことをまるごと受け...

Please reload

タグから検索
カテゴリーから検索
アーカイブ