わたしは何も知りません


10歳の子どもの、わたしに対する態度に動揺しました。

子どもの言動は良くないことだから、そのままにしたら大変。

余計な一言でも、すぐに何か言ってコントロールしないと、と。

でもその時、今日のワークブックレッスンに書かれていたゴールのことを思い出しました。

そして、「わたしは何も知らないので教えてください。」とお願いしてみました。

お願いすると、自分の気持ちが落ち着いてきました。

そして、子どもも落ち着いて来る様子が見えてきました。

というより、子どもは初めから落ち着いていたと思い出しました。

わたしの見方で、子どもが自分を攻撃している様に見えていたのでした。

ワークブックレッスンに書かれていることは難しいように思っていましたが、

わたしの心次第で、近づくことは出来るんだと思い出すことが出来ました。






タグから検索
タグから検索
アーカイブ