北九州「じゃない会」後半 7月23日

永保子

弟さんがどんな状況であっても、Aさんが、受け入れているよというそのまなざしがあることで、弟さんは真に生きることができるのだと思います。受け入れる心が、人が生きていく力になるのだと思います。

みんなが愛で包まれていて、お互いに愛を受け取っている、それだけを私は見ていくから・・これは信頼の心ですね。怖くなる時は、信頼の心に戻れるよう助けてくださいという祈りが届きますし、Aさんのご家族全員が安心に包まれているという奇跡の経験をされるということを信頼していたいですね。

Aさん

母はとても揺らいで、万が一のことがあったら、親戚にどういう説明をしたらいいかと言います。私は、何の説明をするの?何が恥ずかしいの?という気持ちなのですが、そういう母を見ていると、弟が本当にそういう行動をとったら、母はどうなってしまうんだろうという心配がすごくあります。

でも、弟のことも母のことも、私がコントロールすることはできないというのも見えてきて、そこでまた切ない気持ちになるんです。

永保子

見ていることを本当に受け入れます。そのあとは本当にお任せしますというところで止めるといいですね。

Aさん

ゆだねるということを、私はまだやっていないなあと、今思いました。

永保子

自分自身の心が揺れてどうにかなってしまうのが怖いので、先に最悪の事態を想定することで、心を守ろうとしている・・そういう矛盾していることを、私たちはしているなと思いますね。

Aさん

それをしないために、どうしたらいいのかということですね。

永保子

信頼してゆだねるというのは、私はあなたを受け入れますということで、受け入れるというのは、本当の私たちは消えたりしないし、命は離れたり、悲しんだりすることはなくて、本当にひとつなんだということを見たいかどうかだと思います。

それを、この世界で、この体を使って経験していきたい。それだけをお願いして頼ることだと思います。そうしてホーリースピリットがくださる経験は、安心の経験しかないと思います。

Aさん

その仕組みは頭ではわかるのですが、、ハートではわかっていないんだなあって思います。ゆだねるということを、今聞いていて本当にしていなかったと思うし、自分で何とかしようということをやり始めたときに、予防するということが出てくるなあと思います。

由美

どうしても日々出てくる思いはあると思うので、グラウンディングのラインに落としたり、彼がこうなったらどうしようと思うたびに、彼の完璧な姿を見たいです、と祈ると良いと思います。

でも、それもできないこともあるので、相手の心にハローを送るということをします。心の中の動きをすぐに理解するのは難しいので、弟さんの顔が浮かぶたびにハローの挨拶をして、日常的に心を落ち着かせることができるといいですね。

私は、心を観察する時間をとることに加えて、日常的にいつもハローを送っています。これは、相手に変わって欲しくて相手の心を開くのではなくて、自分の心が変わるために、相手に対して自分が思っていることを手放して開放するために、ハローの挨拶をするんですね。心の揺れは、小さな揺れも大きな揺れも同じだから、そういうことを、日々のベースとしてされたらいいと思いますよ。

Aさん

そうですね。今は朝の瞑想を続けていて、一日が気持ちよくスタートできる習慣になっています。瞑想が気持ちいいので、電車の中でもするようにしていて、心が揺れることが多いと、瞑想する時間も増えて、バロメーターとしてわかるので、ああ今、私は安心の心に戻りたいんだなあと感じます。今日は、ゆだねるということを改めて意識しました。そして、自分のことをもっと信頼してあげることが、みんなを信頼することにつながるのかなと思いました。

永保子

ゆだねる時に、自分が何をゴールにしているかが大切ですね。

弟さんやお母様が変わることや、状況が変化することをゴールにしているのではなくて、本当に私たちは一つであってつながっているということを、安心の心で受け取って分かち合うということがゴールですね。

つまり、ご自分の心が安心に戻るということですね。それがゴールで、そのためにゆだねるので、それ以外の目的は、脇に置くことですね。どこか自分でやりたいし、やれると思っている限り、ゆだねるのは難しくなると思います。

Aさん

私に何ができるかどうかと、すぐに思ってしまいます。

永保子

安心の心に戻ると、何か自分にできること、分かち合えることがが必ず与えられます。罪悪感があると、何かしなくてはとなるし、そのときに出てきたアイデアに向かって突っ走ってしまいますよね。そうではなくて、ゆだねて立ち止まってみると、インスピレーションが与えられたり、お誘いが来たり、目の前の気になる方の姿が変わって見えたりということになります。落ち着いた心で、受け取って与えることを繰り返し練習したいですね。

Aさん

今、いろいろな場面が思い浮かびました。

永保子

それから、自分を信頼するには、自分に厳しくしないで優しくすることをしたいですね。セルフジャッジをし始めたら、私たちはひとつだというゴールへ向かう方向とは違う方向に歩いているんですね。どこかで自分に厳しくして自分を直せば、周りもうまくいくだろうと思ってしまいますが、自分に厳しくしたところで、周りが良くなるわけではないし、何に対しても何の効果もないんですね。本当の自分は完璧だということを思い出して、みんな一つだということを経験する以外に、本当の幸せを受け取ることはできないんですね。だから、自分に厳しくすることと、私たちの目的は繋がっていないということを覚えておきたいですね。

Aさん

去年の夏に経験済みです。自分が家族のために何かやってあげようと思えば思うほど、動けば動くほど、家族は怒るし、私は、やってあげたのに何よその態度?となってしまう経験をしました。やってあげたいなら、見返りを期待しない気持ちでやってあげるしかないんと思いました。母が「疲れた」と言う言葉を聞きたくなくて、そのために動いたことは、全部裏目に出ました。弟のことを根掘り葉掘り聞くほど、弟をもっと認めてあげたらいいのにと言うほど、もっとみんなが悲しくなっちゃったということを経験しました。実はまだそういうことをしているのですが、気がつくと止められなくて、お母さん、もっと楽になっていいんだよ、自分の幸せを考えていいんだよ、弟のことはお母さんのせいではないんだよと言いながら、こんなことを言わなくてもいいのにと思いながらも、少しでも楽になればと思って、言ってあげたくなります。

永保子

それは、ご自分に対して言っているということもあるわね。自分の無力さを感じて苦しくて自分を責めると、それが苦しいからお母様に言って変わってもらうことで、楽になろうとしているのよね。私たちがやっていることは、全部自分のことなんですね。だから、罪悪感で自分を責めている自分の心を見直して訂正することを、今日お話させていただいたことを使って、ゆっくり丁寧にやっていきたいですね。急がずにゆっくりやっていったほうがいいと思うわよね。

Aさん

そうですね、頭では母が楽になるから言ってあげているのだけど、自分が楽になりたいんですね。自分が楽になるためには、母に楽になってもらわないといけないと思っていますね。でも、母は自分でそうなれる力を持っているんですよね。

永保子

お母様の完璧さ、本当の姿を見せてくださいという祈りの中で、見せていただけますね。もちろん、何かしてあげたいし、やってあげてもいいのだけど、それは単なるサポートだと思っておくといいですよね。本当に大事なのは、誰かが誰かの完璧さを見たいと願う祈りであって、その祈りの中にお互いが包まれていることが、一番力になると思います。遠くに住んでいらっしゃるので、すぐには駆けつけられないから、祈ることをしていきたいですね。

Aさん

由美さんの瞑想の中で、ボールの中に入る瞑想がとても具体的で、弟がその中に入ってきて、ビジョンが見えて、その時にすごく涙が出てきました。良かったです。

由美

私の母は、私が「奇跡のコース」に誘うと、コースのことを難しいと思っているし、シェア会に誘うと、話を聞くだけならいいけれど、自分で話すのはちょっと、と言います。その時に、香咲さんが、「あなたがやっていれば大丈夫よ。」とおっしゃったんです。だから、自分がグラウンディングをして、戻る場所に居る。そうすることなんだなと、今日もまた思いました。その言葉が心に残っていて、相手に求めるのではなくて、自分自身がやるんだなと思いました。

永保子

そうですね、自分の心が安心に戻りますようにと毎瞬の祈るのですが、その祈りの力を信頼していたいし、信頼できるよう助けてくださいと祈っていたいですね。どんなに相手のことを思っていても、心配したり不安を持ちながらそばにいると、相手はちくちくして落ち着かないのよね。

Aさん

夏に実家に帰ると、それをわたしはやられるんですね。精一杯のおもてなしを私にしてくれるし、心配もするし、ちょっと腰が痛いと言ったら、整骨院を調べて、土日は休みになるし、来週は旅行に行くと言っていたから、悪くならないうちに、今のうちに行っておいたほうがいいんじゃないかと。本当に毎日ちくちくして揺らぎます。夏に両親の元に帰る時、いつもやるぞーっと戦闘態勢のようになります。でも、今年 は、ふたを開けてみたら、いろいろな幸せをたくさん見せられれて、がんばる必要はなかったなと思いました。私は高校生じゃないんだからと思うし、私は自分がしたいことをやれているから、それをお母さんにも少し分けてあげたいと思うのですが、それがエゴなんですね。(笑)

永保子

こうであることが幸せだという設定があるとエゴになりますね。それと、こちらから向ける心がちくちくして・・ということであって、ご両親からの思いは、本当にありがとう、と静かに受け取ってみると、ご両親も心配なさらないと思いますよ。してもらうばかりでは自分が成長していないように感じますが、もうこれだけできるのだから認めてよと言う気持ちがあると、ぶつかると思うんですね。だから、どんな風にしていただいても、ありがとうという気持ちで心で受け取ると、相手の方も満足されると思うし、その上で、言葉で伝えることをすると、わかってくださると思いますよ。目の前に来られる方は愛を持って来てくださっているので、こちらがそれを見れていないということなので、愛を受け取るまでは、同じことが繰り返されるのでしょうね。

タグから検索
タグから検索
アーカイブ