参加者さんの感想(じゃない会、西小山)

 

 

0歳の赤ちゃんも一緒に、子育て、夫のこと、親の看病、介護、そして子供を持ちながら仕事をすることなど、たくさんのお話が出ました。東京セミナーで学んだ、共に在ること、スピリットを見ることについても、自然とまた学び合うことになりました。

じゃない会後の奇跡のシェアも早速届きましたので、掲載させていただきます。ありがとうございました。小野

 

参加者さんの感想

 

✴ 一人ではなく、たくさんの人と時間を過ごせ、シェアできてよかったです。子どもの心を信じ、自分の安心(エゴからの思い)を押しつけないということを、何回も思い出しながら、生活していきたいです。ありがとうございました。

 

✴ 息子のために、祈っていただきありがとうございました。スピリットを見ていくということを忘れていました。毎日、スピリットにお祈りしようと思いました。自分のエゴで見るのはやめようと思いました。愛に溢れる豊かな優しい光のような生活を送りたいです。今日はありがとうございました。

 

✴ 今まで、いかに自分の経験、考え、想いを固く守りながら、物事すべてを見ていたことに気がつけました。ホーリースピリットを信じ、常に、共に繋がることができることを重視して、お願いし、見せてもらいたいと思います。素晴らしい時間を、みなさまと分かち合えて、本当に感謝します。

 

✴ みなさんのお話を聞いて、心が喜んでいるのを感じました。今日ここに来れたこと、お話を聞けたこと、計らいに感謝です。ありがとうございました。

 

✴ 今日はありがとうございました。参加して驚きました。海の波の上にいるような、ゆったりとした感覚でした。立ち止まって見るいい機会となりました。

皆さんの母親の愛情いっぱい感じました。私のお母さんの気持ち、ハート、スピリットを感じたような気がしました。お話の内容も大切なのですが、何て言うか、その話さえも超えて、皆さんの計り知れない深く広い愛に触れて、心から沢山涙が流れていました。

赤ちゃんの姿を近くでずっと見ていて、躍動する生命力も感じました。ああ、みんなここから大きくなったんだね~と。赤ちゃんに接しているお母さんも隣で感じながら、改めて母への感謝の気持ちも湧いてきました。母親という存在を、皆さんから感じて、もうモヤモヤがどこかへポーンと飛んでいってしまいました。

わたしは、母の認知症が進む中で、母を母として見るのをいつのまにか封印していました。お母さんなんだけどお母さんじゃなくなっちゃった。壊れちゃったと。悲しい気持ちを心の奥へ閉じ込めたまま、目の前の事に取り組んでいこうとしていました。病気で変わって行く母を弱い存在として決めつけ、これまでずっと母を守らなきゃと思ってきました。私は昔から、大切な存在を守らなければ、という思い癖があったのも、思い出しました。

皆さんが心を一つにして、それぞれがご自身に向き合っている場にわたしも居て、話を聞きながら、ホーリースピリットと共にワークをしてるような感覚でした。

身体ではなくスピリットを見ることがうまくできないと思っていましたが、今日からトライしてトライしていこうと思いました。朝目覚めて瞑想、又は祈りもトライしてみようと改めて思いました。朝の時間に瞑想する、祈る、一つでも、短時間でも、続けてみようと本当に思いました。

帰りに母に会いに行きました。母のスピリットを見ようと意識しました。しばらくすると、心配性のエゴが口を開き始め、痛くない?大丈夫かい?と、アレコレ母に話しかけてました。今までは、エンドレスで母の事を心配し続けていましたが、今日は途中でそれを止める事ができました。ありがとうございます。今後も母のスピリットを見るのを続けていこうと思います。

 

✴ 参加できてよかったです。皆さんの「問題」と思えることを通して、本当の事、大切なことに気がつかせてもらう機会を頂きました。これからも、子ども、夫、家族、職場の方々、出会う人たちと共にあることを、経験していけますように…。ありがとうございました。

~じゃない会の翌日、仕事中に上司が「娘さんの具合どうだった?」と聞いてきました。シェアでもお伝えしましたが、私の中には職場の人に「心の勉強をしに行く」と言えなくて、娘が具合悪いと伝えてしまった事が罪悪感に感じていたのです。

上司から昨日の事を聞かれた時、なぜか涙がこみ上げてきてしまいました。その時に、「(娘と私の)心のケアに行ってきました」とお伝えしたのです。

そして仕事が始まってからの、娘の様々のことを上司に話しました。娘の身体に出る様々、そこから感じる自分の思いの様々を病院に行って治そうとするのではなく、心を見て治したいという事を伝えました。決して、自分が弱い存在ではないというの事、それを伝えるためではなく、ただ思いを分かち合うために言葉を使わせてもらいました。

上司も色々話してくれて、周りの人も見守ってくれていました。泣いた顔の私の周りにはなぜか人が集まってきてくれて、そこにいてくれることが本当にありがたいなと感じました。私の中で何かが解放されるような感じがしました。そう、私のエゴを通してみんな一緒に解放されるような感じ。

私は頑張っていた、仕事も通勤も。娘と離れることも、身体に出る様々を見ることも。本当は辛かったんだ、それを誰かに伝えたかった、分かってもらいたかった。それはホーリースピリットであり真の自己であり。そして私が見ていたことは真実ではなく夢であったという事も。それらが夢であり、もう過去のことだから一緒に手放しましょうというような感じで。

そんなふうに解放されると、周りの人の思いがより深く感じられるようになりました。

その後、私がやっている業務について2人の人が別々に不満を訴えにきました。一瞬ひるみましたが、心だけを見させてもらうことだけをしていました。すぐさま上司が助けてくれました。

そして、結果的に私の持っている業務の一つが簡易化されそうなのです!そうそう、私もそう思ってた!っていうような事を、お二人の方が不満や疑問として私の上司に訴えてくれて、みんなの問題として取り上げてくれたのです。ありがたいなぁと思いました。

上司とも心の通い合いがありました。私はもっともっと心に正直でいいんだなと感じました。たとえそれがエゴであったとしても。本当の事を覚えている心でいれば、何を話していても、その言葉を通して思いは伝わってしまうような。自然に漏れちゃうみたいな。では、今日も行ってきます!

 

✴ この度は、オンディーヌさんの美しいお部屋での、皆さんとの貴重な出逢いと語らいの時間をありがとうございました。とても内容の濃いひとときを過ごさせていただきました。同じコースを学ぶ者たちが、それぞれの心に浮かぶ問題や考えを、心を一つにして分かち合う…そういうことこそが、今 自分が本当に求めていることなのだと改めて感じました。

ファシリテーターの方たちの実践的なアドバイスも胸に染み入り、今まで一人では見ることができなかった世界を見させていただきました。今日からの生活に心がけていけそうなことのアドバイスも、ありがとうございました。まさに地上と天界の両方にやさしく包みこまれているような、癒されるひとときでした。

他の方々のお話もとても興味がありました。皆さんとまたぜひお会いして、これから共に少しずつ、コースの学びと皆さんとの分かち合いを通して成長し、日々の生活や子育てに活かし、成長させていただけたらと願っております。本当に、貴重な機会と出逢いをありがとうございました。

 

 

 

Please reload

タグから検索
アーカイブ
Please reload

タグから検索