11月 武蔵境、参加者さんのシェア

11/14/2019

 

 

11月14日、東京、武蔵境でじゃない会を開きました。

心に残ったことは何ですか?というアンケートに答えてくださった、

みなさんのシェアに感謝いたします。

 

今回、小さなお子さんを、熟練のシッターさんに見ていただくこともできました。

ありがとうございました。

 

☆☆☆

 

『喜びを軸に考える』ということ。その日一日に喜びがあるかどうか。子どもを喜びのある一日に誘う、というアプローチ。あれもこれもさせないと、できないと大変なことになるのでは?という “母親自身の” 恐れが土台になっている選択は、子どもにとっても、いっさい意味がない。習い事などのわたしのモヤモヤも、これで解決すると思いました。


子どもには、“本当にあなたのことを大切に思っている”ということだけ伝えられればOK、というお話を伺い、いろいろな「教育」や「形式」は本当に関係ないんだと思い直しました。子どもは信頼していれば、必ずこの世界を救うようなことを目の前で力強く見せてくれる、という言葉も、胸に響きました。私もそれを、楽しみながら目撃していきたいです。

 

心配や怖れで窮屈な子育てになっていたな~と気づく事ができ、安心したこころに戻ることで、キュッと窮屈になっていた心が、わあ~と広がる感覚になります。

 

幼児教育のことや、不妊治療を再開したことなど、何となく罪悪感があって、皆さんにも隠しておきたいくらいのことでしたが、皆さんがホーリースピリットだと信頼して発表することによって、隠すこともないし、罪悪感を持つこともない、ということを受け取りました。

 

お金は経験のために使うといい、という言葉も響きました。お金と私の価値は何の関係もない、という言葉も響きました。

 

確信。自分の恐れを投影しているという、今まで自分が経験してきたことが、他の方のお話を聞いて、本当にそうなんだなとよくわかりました。

他の方が悩んでいる事について、自分が話す時、スピリットとつながっていなくて、エゴで話していたこともあったと思い、後で訂正しました。

 

母親自身の足りなさを子供に投影して、心配の心でこの世界で先回りして色々やることには本当に意味がないのだということを、あらためて集まった皆さんと分かち合えて、更に深く受け取ることができました。

子育ても、他の役割と等しく特別な事ではまったくなくて、わたし達親も子供も、「わたし達はお互いに、たった今完璧だったね!」と、本来の姿を思い出す学びの道具なのだと思いました。

 

会の初めにした瞑想では、広い海で波がザブンザブンと静かに強く満ち引きをしていました。太陽が丁度、地平線の所にあって、夕日なのか日の出なのかと思ったら、それは日の出で、受け取ったことは夜明けでした。

瞑想で何かをみることができなくて、やりたくないことだったのですが、受けとることができて嬉しいです。

 

「夜道が怖い」という自分の日頃の感覚、そしてある日の、ホーリースピリットに助けてもらいながら経験した「夜はやさしい」という感覚。“こんなこと言っても仕方ないかな?”というのは自分の思いこみであり、実際は皆さんに受け入れられ、それぞれの心と通じ合った感じがしたので、とてもうれしかったです。対面ではないとなかなかここまで伝わらない感覚なのではないか、とも思いました。

そして、“見えないことから攻撃される”と思いこんで、日々防御に励んでいるのは皆同じで、あらゆる恐れの感覚も、そういった根源から来ているのだなと腑に落ちました。いらないものをすっかり出して、手放す、という良いきっかけになったと思います。

 

暗い夜道での恐れの話は、とても共感することができ、明るいところでさえも、つねに、「ああ、この人は大丈夫かしら!」など不信感を抱き続けているのに、暗闇になどなるものなら、その恐れはピークに達します。

私は、明るくても目が見えておらず、暗ければ、暗いから怖いのだと思いがちですが、やはり、明暗に関わらず、真実が見えていない恐れを抱いているのだと感じました。

 

他の方から霊能者のお話しが出て、コースを学ぶまでは、大好きな霊能者という特別性を見て、その方を通して、自分の怖れ (闇とか、成仏できないとか、、) を投影して見ていたのだということが分かりました。

神が喜びそのものならば、神の延長であるわたし達も喜びそのもの。だから、それ以外は、あり得ないのですね!

 

この世で生きる為には、欠けているもの(老い、金銭、成功など)を挙げて、人に不安を抱かせ、その不安を除くための商品、テクニックなどを得るアピールをすることにより経済が成り立っている。数あるスピリチュアリティの場においても、そのような利害関係はあるという思い。真実に近づけば近づくほど、人は本当に幸せになることに興味が沸かず、欠けている心をくすぐり続けるものに心を惹きつけられてしまう。だから、真実を教えることは、利益にはつながらないように思うという私の思いに対し、「それは考え」だと聞けたことが心に残りました。

お一人お一人のご意見や質問など、とても近く感じながら、まるで今、又、過去、未来の私の思考を、一斉に一ヶ所にまとめ、整理できるような学びがありました。

何も知らないということ、それをもっともっと深く感じ受け入れて、ホーリースピリットと一緒に忘れずにいることを徹底していきたいです。皆さんとの心の繋がりが体験できて、この会に参加できることが喜びとなっています。

 

自分のエゴの中で問題の答えを見つけようと思っても答えはなく、スピリットからのメッセージは、枠を超えて外から来て、すべてを整えてくれる、ということを、あらためて思い出しました。なので、自分でやらないことをいつも覚えていたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

タグから検索
アーカイブ
Please reload

タグから検索