外出自粛になって #3

 私の心はエゴの声でいっぱいだわ、と気づきました。静かに自分の存在と導きを感じることを意識するのは、なかなかすぐにはできなそうですが、エゴに振り回されてボロボロになりそうになったら、思い出さないと!! 今は家族を感じる有難い機会ですね。  毎日の生活が、求めすぎ、消費しすぎていたことに気づき、それは家族に対しても同じだったかも。グレタさんがあんなに大人を罵っても変わらなかったのに、目に見えないウイルスが、急に二酸化炭素排出を止めちゃいましたしね。

 私達はみな、大きく導かれてますね。しっくり、導かれてるという言葉が胸にしみてきます。

 医師会の方の言葉で、「最も怖いのはコロナウイルスでもなく人間の心です。デマも、買い占めも、差別も、不安をあおることも、人間の恐怖心が生み出していることです。」というのを見ました。

 コロナのことに限らず、家族のことなどのことを、私は恐れから幻想を作っているなと思いました。

 完璧な幸福はすでに与えられていることを思い出しだします。恐れを手放せるようにお祈りします。

外出自粛でも、わたしのこころは神の一部なので、自由に何処へでもいけるはずです。そう思い、お皿を洗いながら、郷里にいる知人を思い、光の中で包まれていることを祈りました。

 数時間後に、その彼女から十数年ぶりに、コロナの影響は大丈夫ですか?というメールが届きました。まるで、十数年という時間はなかったかのような温かく、力強いメッセージを頂きました。

 わたしたちは、何をしなくても、もうすでに本当に本当に繋がっている。この真実を思い出せた出来事にこころから感謝します。

タグから検索
タグから検索
アーカイブ