わたしの病、愛犬の病を通じて

お二人のわかちあいです。

***

 クラスで瞑想して、愛と感謝と喜びが広がっていく感覚を思い出した時、耳の違和感がなくなりました。

自分は身体だと信じて恐れている時、耳の聞こえ具合や何か変だなということばかりに心を囚われて、目の前の奇跡を見逃しています。

心に安心や穏やかさに戻るというこということは、こういうことなんだよ〜ってホーリースピリットが教えてくれたのを感じました。

 その夜、寝る前に、お金に対する罪悪感があったなぁということを見つめここ1週間を振り返った時、ふと横で眠っている娘の肌の温かさを感じました。

ずっと一緒にいたら、時々、いやしょっちゅう煩わしく感じるけれども、この時間も過ぎたらアットいう間、だからこの時間を大切にしようと思いました。時間はないのだけれども、時間を大切にしようと思う気持ち、あらゆるものに感謝を捧げるこの思いは永遠にあり続ける、、、

だからこそ、気がついて訂正すれば全てがホーリースピリットの計らいによって完璧で罪は無かったことを思い出せるのでした。

 わたしはどこに心をおきたいか、、、それはやっぱり愛です。

お金も時間も仕事も、食べ物も、家族と過ごす時間も、趣味の時間も、全て全て愛と感謝と喜びのために使っていただけますように。

そのように祈ると、今までもそうだったよね、と、娘の肌の温かさが教えてくれたようでした。

 翌日の仕事中、1時間に1回のレッスン時間を忘れても、気がついては思い出し、手を止め、祈る時間を持ちました。

 耳の違和感を感じた時、しなければという思いに駆られそうになった時、目をつぶり、安心の思い、穏やかさや平和な心がわたしの中から広がって行くのを想像してみました。

すると、耳の聞こえにくさや違和感に対する恐れは引き下がり、しなければいけない事はなくなり、心に静けさが戻りました。

 休憩時間に喉が乾いたので、敷地内のコンビニにアイスカフェラテを買いに行きました。

いつも購入する飲み物なのに、不思議と感謝の思いが湧いてきました。

ふと、一人で飲むのではなくて、同じ班の人たちと一緒に飲みたいなぁと思い、三人分購入しました。

 心が恐れにいる時は、もったいない思いや失う恐れ、損した気分になり、お金を使うことに躊躇します。が、この時は、なんだかこの感謝の気持ちを分かちあいたいなぁという気持ちでカフェラテを購入しました。

お金をエゴの目的ではなくて、ホーリースピリットに使ってもらえますように。愛を分かちあうために使えますように。

愛や平和が広がっていくのをこれからも目撃したい。

歩いているこの道から愛が広がっていく、たった今、自分が選べばそれを目撃できる。一歩足を踏み出すたび愛が広がっていく。

全てホーリースピリットにお任せして歩いて行きたい、、、

 そんな気持ちで職場に戻り、みんなとカフェラテを飲みました。繋がってる感覚がしました。

どこにでもあるいつものカフェラテが、感謝のカフェラテになりました。

***

 愛犬が獣医師の先生から、これまでのような生活は2つの問題点を抱えている今もう無理、穏やかに過ごしなさいと言われました。

こうなって、そんなものは虚な世界のものと頭では分かっていても、やはり診断の結果は辛く、あの、山を走る生き生きとした喜びに満ちた姿を見られないのかと思うと悲しく、愛犬にも申し訳なく、どれだけ光を見ようとしても一瞬で、また消えてしまいました。

 診断を聞いてからこの2日間、辛くて泣いてばかりだったけど、「自分の心に神の思いを否定させないようにします。」「神の思いはあなたを守り、あなたのことを気にかけ、あなたが疲れを癒す場を心地よくし、あなたの行く手の障害を取り除き、あなたの心を幸せと喜びで照らします。」という言葉が胸にフッと留まった時、感謝で違う涙が溢れました。

もう号泣でした。

 それまでは私があまりにも泣くので、いつもそばに居るはずの愛犬がハウスに入ったり、二階に逃げて行ってしまったのですが、この時は号泣の私のビショビショな顔を舐めに来てずっと寄り添ってくれました。

愛犬には全て見えているのだと思いました。

 その時、まだ自信がなかったけど、私の幸せと安らぎを愛犬にも差し出せた気がしました。聞くのも辛い愛犬の診断も、違う世界に飛んでいくのがわかりました。

 助けてくれる獣医師の先生がいて、友人もいて、その人達に心を開くことができ、なにより、本当の幸せや安らぎを私と愛犬が一緒に体験するのだという決意ができた気がしました。

愛犬への私の拘りを手放した分、どんな新しい贈り物が私たちに訪れるか、楽しみにしているところです。ありがとうございました。

タグから検索
タグから検索
アーカイブ